オールケーシング拡底杭SY工法

クローラークレーン1台にて障害撤去から拡底掘削まで施工が可能になりました。

機械式バケットの為、従来の拡底機は不要です。

 

SY工法(オールケーシング拡底杭工法)は、拡底部径を軸部径の最大2倍(拡底部面積4倍)に拡大掘削することにより大きな支持力を得ることが出来る、新しい場所打ちコンクリート拡底杭工法です。

施工順序図

①杭芯セット

②ケーシング圧入れ

  ハンマー掘削

③支持層掘削

④安定液注入・

   拡底部ケーシング

   引き抜き

⑤拡底部掘削


⑥孔壁測定・

   沈殿待ち・

   一次スライム

  処理

⑦鉄筋・トレミー管挿入

⑧二次スライム処理

⑨生コン打設

⑩ケーシング引抜き


 

 

 

障害物撤去工事と同時に拡底杭の築造工事が可能です。

 



 

㈱三洋基礎では、基礎工事等から発生する汚泥を再利用して環境に優しい高品質な改良土を生産しております。

 

特 徴

 ①低価格

 ②埋め戻し、締め固めが容易

 ③再掘削が可能

 ④コーン指数800以上

 CBR値 35%以上

現場情報
SY工法
STBC-SR鋼管工法
広島法務局

RCC中国放送『こうじ君のなぜなぜ豆辞典』で、広島法務局の基礎工事作業が放送されました。

SY工法協会
STBC