BH工法

BH工法とは、Boring Hole工法の略称で強力な動力を持つボーリングマシンを使用し、ボーリングロッドの先端に取り付けたビットを回転させ、ノーケーシングで掘削する工法です。施工場所が狭く、さらに搬入路の狭い現場など条件付作業に適しています。

施工順序図

①リーダーを起立

 

輸送姿勢より起伏シリンダを操作する。

②ツボ堀り準備

 

5mまたは3mロッド吊り込み。

③バケット掘削

 

最大4.5又は2.5mまでバケット掘削可能。

旋回排土可能。

掘削後、必要なに応じてケーシングガイドを挿入する。

④ビット掘削

 

バケツトをビットに交換して、泥水を圧送しながら所定の高さまで掘削。

 

⑤ロッド切離し準備

 

ウォータースイベルをホイスティングスイベルに交換して、下部のロッドを連結する。



⑥ロッド切り離し

 

ウインチにて3m又は5mだけロッドを巻き上げて、上部ロック部で植ロッドを、下部ロック部で下ロッドをロックして、ビットドライブを逆転させて、ネジを切り離す。最後のビットまで同様な方法で行う。

⑦鉄筋建て込み

 

ロッドを外し、ウインチにて鉄筋を挿入する。

⑧トレミー管建て込み

 

ウインチにてトレミー管を挿入する。

⑨生コン打設

 

生コンを入れながらトレミー管を引き抜く。

⑩杭完成

 

ケーシングガイドを抜いて杭が完成。


 

㈱三洋基礎では、基礎工事等から発生する汚泥を再利用して環境に優しい高品質な改良土を生産しております。

 

特 徴

 ①低価格

 ②埋め戻し、締め固めが容易

 ③再掘削が可能

 ④コーン指数800以上

 CBR値 35%以上

現場情報
SY工法
STBC-SR鋼管工法
広島法務局

RCC中国放送『こうじ君のなぜなぜ豆辞典』で、広島法務局の基礎工事作業が放送されました。

SY工法協会
STBC